浮気調査してみたところ

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発見された時、離婚するかしないかなかなか決められずに困りますよね。
まずは落ち着いて、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、あれこれ考えを巡らせておくべきです。
夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。
探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。
実費とは具体的には交通費や証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査の際の食費が上乗せされることもあるかもしれません。一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用が算出されます。
浮気調査を行う期間が短ければ請求金額も少ないです。
浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査をしてもらうのが一番確実です。
とはいえ、探偵への調査依頼は調査料金も安くはないですから、誰でも容易に依頼することのできることではありません。
探偵への浮気調査の依頼は、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所が変われば金額は異なりますので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。
探偵に浮気の調査を要請して、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。パートナーが信用できなくなってしまうとこの先の長い時間を一緒に過ごすことはそのストレスはかなりのものになりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。
それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の請求をしておけば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚をしないという選択肢もあります。特にお子さんがいらっしゃる場合、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚というものはそう簡単なものではありません。
相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、一人で育てていくのは容易ではありません。
それは男性の場合であっても同様で仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ