どこか皮膚を傷つけない一般的ではない剃刀を愛用してい

どこか皮膚を傷つけない一般的ではない剃刀を愛用しているのか、それとももともとムダ毛が少ない体質なのかと思っていましたが、事実はそのどちらでもありませんでした。常用しているのは量販店でも購入できる電気シェーバーとのことだったのですが、ワキ毛処理は脱毛に精通した方にお願いしているというのです。
小さな負担でムダ毛処理をしてもらえる脱毛サロンは選びきれないほどあるという同級生からの情報を元に、早速スマホで情報収集してみました。
もし気になるところがあれば実際に私も通ってみたくなったからです。
プロのエステティシャンの方にムダ毛処理してもらう事でワキのムダ毛も傷だらけの肌もなくなれば、願ったり叶ったりです。
最近になってやっとインターネットが使えるようになった僻地で暮らしていた私は、進学のために大きな都市に引っ越して生活を始めるまで、脱毛エステというものの存在さえ知らずにいました。
ワキ毛の手入れの方法としては、剃刀で剃っていたんですが、肌がデリケートな私は、剃刀の刃の刺激に耐えざるを得ませんでした。そうはいっても無駄毛が生えたままのティーンエイジャーなんて目も当てられないので、ムダ毛の手入れでできるカミソリ負けはもはや諦めていました。
低価格が魅力で若年層に支持されている脱毛サロンの中にも「ワキ」や「Vライン」といった部分脱毛を軸にしている脱毛サロンと、全身脱毛をメインにしている脱毛サロンの2種類の特徴があることが分かりました。他にもムダ毛が気になるパーツをセットにした脱毛コースがそれぞれで用意されていたりと、各社の良いところを見つけるのは予想外に大変です。辿りつくべくして辿りついたそれらのサイトのおかげで、脱毛サロン初心者だった私も脱毛についての知識を身につけることができました。
脱毛の方法は大きく分けると「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2種類があるという事。
レーザー脱毛はクリニックなどの医療機関でしか受けられず、値段は高いということでした。もうひとつの光脱毛はクリニックでなくても受けられる脱毛方法で、安い値段で受けることができるので新卒OLでも気軽に通えるいわゆる脱毛サロンです。
ワキ毛の自己処理をプロのエステティシャンにしてもらっているだなんて、いいところのお嬢様なんだろうと想像しましたが、残念ながらこの予想も大外れでした。
都会には信じられないような値段で通える脱毛サロンもあって、女性のほぼ全世代でそういった脱毛サロンに通って脱毛してもらっているそうなんです。
私の田舎では脱毛サロンなんて知っている人なんていないと思います。
私の傷だらけの肌とは比べ物にならなくて、正直とってもびっくりしました。
産毛さえ見えないのはもちろんですが、処理した跡さえも判別できず、肌荒れしている様子も全く見受けられません。お肌に脇毛はなくツルツルで、それでいてスベスベ感に満ちていました。剃刀にやられて赤くなった剃り跡のある脇はキレイとは程遠く、誰にも見られたくなかったので、本当はノースリーブで過ごしたい真夏でも、我慢して袖のあるものを選んで着ていました。
街行く人たちを見てもそんなことを心配する様子もなく、流行の服装に身を包んだおしゃれな女性ばかりです。彼女たちはワキを隠そうともしていません。
そんな知人のワキを、たまたま間近で見る機会に恵まれたのでついつい凝視してしまいました。情報収集してみると私の貧弱なイメージでは想像できないほどたくさんあってどうやって絞り込めばいいのかさえよく分かりません。
脱毛サロン各社の公式HPを見ても各社の特色が全然頭に入ってきません。
それでも頑張って脱毛サロンについて検索していると、噛み砕いた情報が掲載されたブログを発見することもできました。
あまりお金がない女子大生の私が最も気がかりなのが何をおいても費用の事です。料金だけで選ぶのはどうかとも思いますが、どうしても比較しておかなければなりません。
でもコストをチェックする前に、決定しておかなくてはいけない事があります。
それは「どこを脱毛したいか」ということです。
コストの比較をするためには、基準が同じでなければいけないからです。
そこで初めて脱毛サロンに通う私は、ワキ脱毛に焦点を当てて各社の比較をしました。その時参考になったサイトがこちらです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ